月別アーカイブ: 2015年2月

カードローンの審査に関わりの深い信用情報機関とは?

カードローンやクレジットカードの利用情報を、保管しているのが信用情報機関です。
カードローンの申し込みの際に一定の条件など審査されることになりますが、信用情報機関に紹介してローン申し込みの履歴、支払の状況、滞納、遅延情報、債務整理情報などが審査に大きく影響します。

信用情報については情報を金融機関全体で共有しています。
そのため、他社で複数借り入れがある、滞納しているなどが全て分かる仕組みとなっています。
そのためカードローンの申し込みの際には、虚偽の申告をされない事が重要です。
現在の自分の信用情報がどうなっているのか気になる方は、照会してもらう事も可能です。
複数の債務がある方や、返済の状況がどうなっているのか気になる方、把握できていない方など利用してみる事をお勧めします。また、信用情報での項目によって記録の残る保存期間が決まっています。

そのためいつまでも全ての記録が保存され続けるわけではありません。