今やどこの銀行も扱っているカードローン。

カードローンという名前で、お金を簡単に借りることが出来るようになったのですが、その背景にはやはり消費者金融と言われている会社が、頑張ってきたという背景もあるでしょう。

それだけに今でも同じカードローンなのに、消費者金融の名前だけ残っている場所は借りる側が敬遠して、銀行カードローンなら安心だという、偏った考え方が出てきています。

カードローンという言葉が、お金を借りるハードルを下げているということでしょう。

実際に消費者金融と言われている会社も、銀行を通してお金を貸さないといけないことになったので、どこかの銀行傘下には入っているはずです。

担保がなくても審査を受ければ、大きなお金が借り入れ出来るということで、銀行の金利が安いお金よりも使われています。

銀行では本当にお金を貸す時には、絶対自分の会社が損をしないようにしていますが、カードローンの場合は積極的に貸出を行っています。

金利が良いし、貸す相手が不特定多数になるので、金額が安くてリスクが少ない、分散されるからです。

銀行も生き残るために必死になっているということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>